TEL:0965-32-4155
アクセスマップ

当産婦人科は八代市内は勿論、熊本県内(水俣市・葦北郡・宇城市・氷川町・宇土市 等)からもご来院頂いております

診療受付時間

平日9:00~12:30、14:00~18:00
土曜9:00~12:30
休診:土曜午後、日曜・祝日

婦人科

「婦人科」とは妊娠以外の女性特有の病気、たとえば子宮や卵巣の病気を治療する科になります。

一般診療

女性が気になる病気や症状の中には、女性ホルモンや年齢と関係しているものも多くあります。
ふだんから、予防・健康管理を心がけましょう。気になるときは早めにご相談ください。

がん検診(子宮がん・卵巣がん・乳がん)

更年期症状、子宮筋腫、子宮内膜症などの婦人科疾患

診療日診療時間
月~金9:00~12:30 14:00~18:00
土曜日9:00~12:30 午後休診

乳がん

いまや20人に1人という高い割合で乳がんになる人が増えています。乳がんは早期発見して治療に取り組めば治る確率の高いがん。
自分で発見しやすいのも特徴です。
乳房が見た目にひきつれていたり、くぼみができていたり、グリグリとしたしこりのようなものがあったら、すぐに検査を受けましょう。
乳がんは自分の身にもふりかかるものとしてとらえることが、早期発見につながります。
乳がんになっても、早期発見できた人の約90%が治っています。

自分自身で異変を見逃さないことに加えて、定期的な検診を受けましょう。

子宮頸がん

かつて大人の病気だった「子宮頸がん」が、20代、30代の若い女性に増えています。
その理由として注目されているのが、性感染症ウイルスの「ヒトパピローマウイルス」(HPV)。
子宮頸がんの95%以上の人からこのHPVウイルスが検出されていることから、性行為の低年齢化に伴って、若い人に子宮頸がんが増えているとみられています。

子宮頸がんは、初期にはほとんど自覚症状がありません。多少進行すると、月経時以外に出血があったり、性行為のときに出血したり、あるいは通常とは違うおりものが増加する場合があります。
そうした症状がみられる場合には、すぐに婦人科を受診しましょう。子宮頸がんは初期段階であれば、完治する可能性が高いがんです。

また、自覚症状が現れる前に発見し、治療をすれば妊娠・出産も望めるといわれています。
子宮頸がんは、がんの中でも唯一予防できるがんです。

毎年検診を受けるようにしましょう。

不妊症の検査と治療

望んでるのに2年以上妊娠しない場合は、検査を受けましょう。女性の場合、一通りの検査を受けるのに3ヶ月ほどかかります。

更年期障害の治療

最近なんとなく疲れやすい、イライラして怒りっぽいとのなかった気持ちやからだの異変が現れたら「更年期障害」が疑われます。
更年期障害は閉経前後10年くらいの時期に現れますが、最近は20代、30代の若い女性でも更年期障害のような症状に悩む人が増えています。
1人でがまんしたりせず、まずは婦人科などに相談してみましょう。

避妊相談

ピル・IUD・コンドームなどの方法があります。それぞれの特徴をよく知って、自分に合った避妊をすることが大切です。
わからないことはお気軽に相談してください。